img-1

ダンススクールを選ぶ時に

ダンススクールを選ぶ時に考慮しないといけないポイントはいくつかあります。その中でも、料金に関するものは、よりシビアに見ていく必要があります。


特に子供の場合、最初は軽い気持ちで習い始めたものの、途中から本気になり、プロを目指したいと言ってくる可能性が無きにしも非ずです。


そんな時に、それを最初からある程度予測しているのと、まったく考慮の範疇外だったのでは、親の対応の仕方も変わって来ます。
週1回の習い事程度で習う分にはそれほどお金はかかりませんが、プロを目指したいと思うのであれば、レッスン回数が増えたり、コンクールに出場したり、特別レッスンを受けたりと、思うよりもお金がかかってきます。

ダンススクールにも色々なタイプのものがあります。
趣味で楽しく踊れれば良い、という雰囲気のところもありますし、プロのダンサーを沢山輩出しているような有名なダンススクールもあります。


基本的な考え方として、将来的に子供がプロを目指したいと考えた時に、対応出来るような指導をしてくれる先生を選ぶことも大切です。しかし、先立つものが無ければどうにもなりません。お月謝や発表会費などは、ダンススクール毎にかなり値段に幅があります。


中には、安いお月謝で、とても良心的な指導をしてくれるところもあります。

逆に、お月謝は高いけれど、あまり指導は良く無いというところもあります。


この辺りは、親の目で見極めていかねばなりません。

ダンススクールの見極めは難しいですが、発表会を観てみると、どんな指導をしているのかがよく分かりますので、検討しているスクールをいくつか絞って発表会を観てみると良いでしょう。ダンススクールの料金体系は様々な方式があります。毎週決まった曜日に通うことを決めておいて月謝で払うシステム、曜日は固定せずに、月に通える回数を決めて月毎に通う回数を見直すことが出来るシステム、そのダンススクールに所属している人以外でも、単発でレッスンを受けることが出来、その都度支払うシステム、カルチャースクールのように、3ヶ月なり6ヶ月なりの期間が決まっていて、その間に行われる指定回数分の料金をまとめて払うシステム、チケット制などです。


一般的に、1回ずつ支払うタイプのものよりも、月謝の方が料金を安くしているダンススクールが多いです。

また、月謝の中でも、週1回よりも2回、3回と来る方が1回当たりの料金が割安に設定されていることが多いです。
中には、一定額を支払えば、好きな回数だけレッスンに通えるフリーシステムを取っているところもあります。


これは、ダンスという習い事の特徴を捉えたシステムです。

一般的に、レベルが上になればなる程、またクラスが上になればなるほど、レッスンに通う数が増えていくのがダンスという習い事です。

その為、先生も生徒が沢山レッスンに来ることを推奨しているのです。

ですから、回数を多く通いたい人が、より通いやすいようなシステムが自然と出来る訳です。

大人の場合、仕事や家庭の都合で決められた曜日や時間に来られない場合もあります。
そんな人にとっては、チケット制を取り入れているダンススクールは便利です。
5回ないし10回のチケットをまとめて購入し、レッスンに来た時だけそのチケットを置いていくシステムです。


チケットには有効期限が定められていることが多いです。

1回ずつ支払うよりも少し割安な料金設定になっています。

サボンボディスクラブを知りたいならこちらです。

幅広い分野の視点から人気のサボンスクラブ情報が揃っています。

サボンスクラブの効果に関する情報満載のサイトです。



本八幡のダンススクールに出会えて満足です。

https://4meee.com/articles/view/231597

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7373073.html

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_cd/4562248531365.html

関連リンク

img-2

失敗しない英会話スクールの選び方

英会話教室に通い、語学のスキルを磨こうとする人も少なくありません。英会話のスクールも様々あります。...

more
img-3

ビジネスにも役立つスクールについて

数多くの人々が、さらなるキャリアアップやステップアップを目指して、専門的な知識やスキルを習得するために努力をしています。独学で行う場合には、思うように成果がでないこともあります。...

more